プロポリスが悪い細胞をやっつける手助けをしてくれる

がんと闘うためにできること

がんだと宣告され、そのために何かできないかと悩んでいる場合は、プロポリスについて調べてみるといいでしょう。プロポリスというのは、がんだけでなく免疫力を高めてくれるため、いろいろな病気にも効果があるとされています。ここでプロポリスがどのようなものなのか更に詳しく調べてみましょう。

プロポリスとは何か

サプリメント

プロポリスはどんなものなのか

プロポリスというのはハチと深い関係があります。ハチは樹木や花などから集めた花粉や成分を、自分の唾液や分泌物と混ぜ合わせてプロポリスを作ります。そしてそれを巣の壁や入り口部分に塗って、外から侵入する病原体や、巣の腐敗から巣を守っているのです。

たくさんの成分が含まれている

いろいろな花粉や樹脂などが集まったプロポリスには、数万種類の成分が含まれているといわれています。例えば、アミノ酸や鉄、マグネシウムなどのミネラルが豊富に含まれているのです。また、葉酸やビタミンBなどのビタミン類、フラボノイドというポリフェノールなども含まれているでしょう。これらの成分が、お互いの働きを助けあってプロポリスの効果へと繋がっているのです。

プロポリスにはどんな働きがあるのか

ハチが一生懸命作ったプロポリスには、高い抗酸化作用や殺菌作用があることがわかっています。抗酸化作用というのは、体の細胞を傷つけて老化を早める活性酸素を除去する力のことです。この活性酸素は、老化以外にも健康にとってさまざまな害を及ぼすことでも知られています。プロポリスの抗酸化作用によって活性酸素の生成や働きを抑制することが健康に繋がるのです。

免疫力を高めることもできる

プロポリスの強い殺菌作用のおかげで、免疫力のアップも期待できるでしょう。免疫力が上がった結果、風邪や花粉症、アトピーやインフルエンザ、口内炎や歯周病などの病気を予防・改善を期待することができます。プロポリスを摂取することで、体内に侵入するウイルスや細菌を抑える力が強くなり、健康を維持することができるようになるでしょう。

プロポリスが持つ細胞への影響

プロポリスにはケイ皮酸誘導体であるアルテリピンCなどが含まれています。これらの成分は抗酸化作用があるだけでなく、悪い細胞を選んで攻撃するという特徴があるのです。抗がん剤の場合は、悪い細胞であるがん以外の細胞にも影響を与えてしまうので、強い副作用を出してしまいます。一方、プロポリスは悪い細胞だけを狙うので、がんだけを攻撃できるでしょう。

産地による特徴と副作用について

ハチミツ

産地や副作用

プロポリスは採取された土地によって含まれる成分や品質に違いがでるのです。一番有名な産地といえばブラジルでしょう。プロポリスを飲むときにはアレルギーがあるか、ハチに刺されたことがあるかといったことを確認するようにしましょう。また、好転反応が出ることもあるということも理解しておきましょう。

READ MORE

がんの治療を助けるプロポリスサプリの選び方

含有量をチェック!

たくさんあるプロポリスのサプリメントの中から、効率よく栄養を摂取できるものを探すためには、プロポリスがどれだけ含まれているのかを確認しましょう。形状やプロポリスの抽出方法によっても含有量が変わるので注意しましょう。

抽出方法

プロポリスは、水やアルコール、超臨界といった方法で抽出されています。その方法が変わることで抽出される成分がかわることがあるのです。各商品のホームページで抽出方法を確認してみるといいでしょう。

飲みやすさ

プロポリスを飲むときは長期的に続けることが大切になります。そのため、毎日飲み続けられるタイプを選びましょう。ソフトカプセルや錠剤、キャンディーやスプレーなどいろいろなタイプのものがあるので調べてみるといいでしょう。

広告募集中